Posted on

ダマを作らない為に手のひらでカバーをするメディプラスゲル

メディプラスゲルは、使い方にはいくつかポイントはあります。通常の使い方で基本的に問題は無いのですが、たまに塊が生じてしまう事もあるので、要注意です。

メディプラスゲルは、公式で「ダマ」という条件を使っています。塗るタイプの化粧品を使いますと、たまに垢に似た物が出てきてしまう事があるのです。それはあまり見た目も良くありませんし、少々不安になる事もあるでしょう。

それでメディプラスゲルを使った時も、実はダマが発生する事がたまにあるのです。とりわけ擦った時は、その傾向が顕著です。

メディプラスゲルは、実はあまり擦らない方が良い製品なのです。むやみに擦ってしまうと、肌に大きな刺激が生じてしまうでしょう。それでメディプラスゲルの効果が半減してしまう事もあります。何と言っても、ダマができてしまうのが大きいです。

それよりは、包み込むイメージが望ましいのです。そもそもメディプラスゲルは、指で塗るタイプの製品ではありません。指というよりは、むしろ手のひらでカバーするような使い方になります。メディプラスゲルを肌の該当箇所に塗ったら、手のひらで覆う使い方が一番望ましいのです。しばらくそれを続けていると、だんだんとメディプラスゲルが肌の内部に浸透してくれます。擦ると言うよりは、包むような使い方を心がけると良いでしょう。

メディプラスゲルの口コミ情報サイトへ移動!